ものぐさ日記
根っからの無精者。 ブログを始めたらちょっとはマシになるかなぁ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
約束手形を拾いました。
少し前の話になりますが、去年の年末、道で約束手形を拾いました。

ちょうど仕事納めの前日ぐらいでバタバタ得意先回りをしている時、
普段なら見もしないのに、小さな紙切れが落ちているのが目に入りました。
車に踏まれて汚かったのですが、収入印紙が貼ってあるので
気になって見てみると額面が約140万の約束手形でした。

たまたま見つけた場所が交番の近くだったので、
軽い気持ちで届けたら、おまわりさんに「書類を書くので座ってください。」
と言われてしまいました。
内心「この忙しい時に…」と思ったのですが、おまわりさんに逆らっても
いいことが無さそうだったので素直に従いましたw

担当してくれたおまわりさんは新人さんらしく、
いちいち書類の書き方を先輩に聞くので結構時間が掛かりました…
拾った場所や住所・連絡先を聞かれ、落とし主が見付かった時に
その人から連絡してもいいか、見付からなかった時は現物を貰うかなど
聞かれたのですが、約束手形がどれくらい価値のあるものかも
わからなかったし煩わしかったので、連絡はいらないし貰う権利も
放棄することにしました。

会社に帰ってこの話をみんなにすると、
「一割お礼を貰えたかもしれないのにもったいない。」と
言われてしまいました。

ちょっともったいなかったかなぁ…
少し後悔したけど今更なので諦めました…

年が明けてから、落とし主にちゃんと届いた旨、
警察からハガキが来ました。
落とし主からの連絡を拒否しても、警察からどうなったか
知らせてくれるんですね。
気になっていたのでちょっと嬉しかったです。

落とし主に喜ばれたなら、それで良しとします。
う~ん、でもやっぱりもったいなかったかなぁ…w


スポンサーサイト
[2007/01/31 10:40] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
美味しいカレー屋さん
土曜の晩は、妹が以前から行きたいと行っていたカレー屋さんに
行ってきました。

カレー屋 ふう
大阪府寝屋川市日新町5-22
TEL072-832-5919

香里園のアルプラザ裏の路地にある目立たないお店で、
平日は昼しか営業していません。
なかなか行けなかったのですがやっと行けました。

私が頼んだのはこれ。
ふうカレー
《ふうカレー 1000円》
野菜・チキン・キーマ(豚ミンチ)カレーの3種類から
2種類選べます。私は野菜とキーマにしたかったのですが、
残念ながら野菜カレーは品切れのため、チキンに変更となりました。
辛さは5段階から選べるので、下から2番目の中辛にしました。

注文した時はカレー一杯に1000円て、正直ちょっと高いなと
思ったのですが、サフランライスもルーも味にコクがあって、
手間が掛かっているのがよくわかる味でした。
とても美味しいし量も多くて、1000円の値打ちは充分あるカレーでした。
妹が頼んだサブジサンドというロールサンドも味見させてもらいましたが、
これも美味しかったです。

あまりに美味しかったので、食べ終わってお腹いっぱいなのに、
またメニューを眺めて、次来た時に食べたいメニューを
真剣に考えてしまいました。

今度は食べそびれた野菜カレーか、でもヒヨコ豆のカレーも
捨てがたいなあ…

お店の人もいい感じだったし、また絶対通いたい店です。
平日夜も営業してくれないかなあ…
[2007/01/29 13:15] | 晩ごはん(近所) | トラックバック(0) | コメント(2) |
休日出勤
土曜日はお仕事でした。
今回は初めての芦屋です。芦屋のお客様はお金持ちが多く、
お金にシビアな方が多いと聞いていたので、
行く前から気が重かったのですが、これも仕事のうち、
頑張って行ってきました。

ところが実際にお会いするとそれほど気難しい方でもなく、
スムーズに仕事を終える事が出来ました。

心も軽く帰ろうとしたのですが、バスが1時間に一本しかなく、
バス停へ時刻表を見に行こうとしたその時、まさにそのバスが
目の前を通り過ぎていきました…
仕方ないのでタクシーを捕まえようとしたのですがなかなか
うまくいかず、近くの大きな病院まで歩いて行ってそこの客待ち
タクシーを使うことにしました。

ところがそこにもタクシーは一台もおらず、病院の送迎バスが
待機しているだけでした…
仕方が無いので電話でタクシーを呼ぼうとしていると、
既に送迎バスに乗り込んでいたおばあさんが、
「ちょっとっ、タクシー呼ぶんならこのバス乗ったら」
と声を掛けてくれました。
私が病院の利用者じゃないのでと遠慮すると、
「そんなん別に聞かれへんし大丈夫」と言われたので、
せっかくなので乗ることにしました。

そのおばあさんもこのバスを病院とは関係ない用事の時でも
使うそうです。ご親切に時刻表まで下さいました。
病院に分かったら困るのでしょうが、乗客は私たち2人のみだったので、
空で走るよりは良かった、ということにしておきます。

せっかく芦屋へ行ったので、駅前のおいしそうなパン屋さんで
パンを買って帰りました。
あんぱんまん
《あんぱんまん 158円》
阪神芦屋駅前 ローゼンマイヤー
芦屋市公光町11−7倉内ビル 102
素朴な味の天然酵母のパンで美味しかったです。
[2007/01/29 01:19] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国へ行ってきました11
次の日は帰るだけで、朝の6時半に迎えのバスがきました。

路面は完全に凍結し、ちょっと不安だったので、
車内ではずっと運転を見ていました。
そうすると一度信号待ちで停車中、運転手が居眠りをしていたのか、
ガイドさんが声を掛けるまで発車しなかった事がありました。
韓国は一般的に運転が怖いので、このときは少し不安に思いました。

何とか無事に空港に着くと飛行機の出発までに2時間もあったので、
免税店などをゆっくり見て回りました。

今回の会社へのお土産
さぼてんちょこ
《さぼてんチョコレート 8個入り3000ウォン(約400円)》
韓国の済州島では食用さぼてんが名物だそうです。
変わっているので買ったのですが、味はそれほど変わってなく
普通に美味しかったです。
他にキムチチョコや韓国海苔チョコなどもあったのですが、
ヒンシュクを買いそうだったので、さすがにやめました…

金の豚キーホルダー
《金の豚キーホルダー 3.20ドル(約3000ウォン 約400円)》
今年韓国では600年に一度の金の豚年だそうで、
この年に生まれた子は一生大金持ちになるという
言い伝えがあるそうです。
このキーホルダーはいつも金欠を嘆いている部長に
ウケ狙いで差し上げました。
これで部長がお金持ちになったら私のおかげですね。
でも効き目が無かったら部長の心掛けが悪かったからでしょう(笑)


帰りの飛行機では、隣の席に韓国人の小学生3年生くらいの
男の子が一人で座っていました。
お母さんらしき人が来て、流暢な日本語でこの子の兄弟と
席を替わってほしいと言われたので、替わろうとしたところ、
替わるはずの兄弟がなぜかへそを曲げてしまって、席を動こうと
しなかったので、結局私がそのまま座ることになりました。

隣の男の子は落ち着きが無く、窓をのぞいたりシートベルトを
着けたり外したりで、少しもじっとしていませんでした。
元々子供は苦手なので、少し引き気味に観察していたところ、
どうやらあちらも私のことを観察しているようでした。

機内食が配られて私が食べ始めると、その子はどうも機内食を
食べるのが初めてらしく、ふたの置き方や食べる順番など、
すべて私のやったとおりに真似をして食べていたので、
ちょっと可笑しくて笑いそうになりました。

シートベルト着用のサインが出た時も、その男の子は
気付かずにガサガサしていたので、指を指して教えてあげると
慌ててベルトを締める様子がまた面白かったです。
子供は苦手だけど、あんな面白い子なら退屈しなくていいかも。
最後まで楽しめる旅でした。



今回の旅行は、連れが度胸の有り過ぎる友達だったこともあり、
一歩踏み込んだ中身の濃い旅行ができました。
自分だけでは表面をなでるだけになってしまっていたと思います。
あの度胸は羨ましくもありますが、バランス感覚のない者が
無理をすると危険な事にもなりかねないので、これから
少しずつ挑戦して、いい旅行ができるようになりたいです。



[2007/01/24 13:01] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国へ行ってきました10
ナンタを観終わって外に出ると、日が暮れてとても寒く
なっていました。
ちょうど夕飯時だったので、最後の夕食を食べに行く事にしました。
友達はまた店をゆっくり探したそうでしたが、私が疲れていたので、
最初に行った新村で簡単に決めてもらうことにしました。

新村に着くとガイドブックに載っていた焼肉屋さんがみつかったので
そこに決めたのですが、観光客はおらず注文に苦労しました。
でも一人、日本語を勉強しているアルバイトのお姉さんがいて、
その人と少し話せたので何とかなりました。
そんな人に出会うと自分もまた何か勉強を始めたくなりました。
あんまり続いたためしがないけど…

食事を済ませ外に出ると、友達がどうも酔ったらしいので、
近くのドーナツショップ(クリスピークリーム)で休むことにしました。
店内は満員で、キャンペーンなのか店員さんが出来たてドーナツを
配っていました。
わけもわからず貰って食べると、驚くほど美味しかったです。
ここ数年味が落ちた日本の有名店とは比べ物にならないくらいでした。

店の厨房はガラス張りになっていて、工場のようにどんどんドーナツが
出来ていく様子が見えて面白かったです。
どんどんお客が入るので、結局立ったまま抹茶オレ(3500ウォン 
約460円)を飲んで、友達をタクシーに放り込んでホテルへ帰りました。
最後にいい店にめぐり合えてよかったです。

つづく

[2007/01/22 23:09] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国へ行ってきました9
夕方友達と合流して、ナンタという韓国の有名な舞台を観にいきました。

このお芝居では、韓国の伝統的な打楽器演奏をアレンジして、
厨房を舞台に色々な調理器具を楽器代わりに使って演奏します。
一応ストーリーはありますが、最初に設定が字幕で出ますし、
ほとんどせりふが無いので、言葉がわからなくても、
充分楽しめるように工夫されています。

俳優さんたちのすごい技に見入っているうちに、あっという間に
時間が経ちました。
特に本当に切れる包丁を使って、野菜を切りながらの演奏は
迫力がありました。
友達は今回で見るのが3回目だそうですが、何回見ても楽しい
そうです。

今回はチケットの手配が遅かったので、2階席しか取れなかった
のですが、それほど大きな劇場でもないので十分でした。
今まで海外で舞台を観るなんて、やった事がなかったので、
貴重な経験が出来ました。
ちなみにチケットは2階席で1人36000ウォン(約4800円 10%割引有)
でした。
ナンタ劇場
《ナンタ劇場前》


[2007/01/20 01:57] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(1) |
韓国へ行ってきました8
次の日は朝から吹雪でした…
友達は汗蒸幕という有名な韓国のサウナに行きたいと
言ったのですが、前にも行ったことがあったのと、
サウナはあまり好きではないので、
その間一人で街をぶらぶらする事にしました。

夕方から合流して舞台を観にいくことにしたので
まずJCBプラザへ行って、チケットの予約をし、
ついでに土曜に両替の出来る所を聞きました。
両替所は百貨店の中のわかりにくい所にあるので、
JCBプラザのスタッフの人が親切にハングルで
「両替所はどこですか?」と書いて渡してくれました。

早速百貨店で店員さんにメモを見せると、これまた
親切にそこまで案内してくれました。
旅先での親切は身にしみて嬉しいですね。
自分も機会があったら、日本で親切にしようと思います。
(あんまり機会がないですが…)

百貨店で少し買い物をしたり、同じ建物の中にある免税店の
ヨン様巨大看板などを眺めたりした後、昨日行った仁寺洞を
もう一度見たくなったので、歩いていってみる事にしました。
雪が積もっていたので歩きにくかったのですが、
普段見られないだろう雪景色が見られてなかなか良かったです。
雪景色

仁寺洞をぶらぶらした後、昨日歩き回っている時に見かけた屋台で
どうしても食べてみたくなったトッポギを食べてみました。
屋台のおばちゃんに一人でちゃんと注文できるか、
ちょっと心配で躊躇しましたが、やってみたら案外簡単に
トッポギにありつけました。

残念ながら写真をとり忘れてしまったのですが、
どんな料理か説明すると、指くらいの太さの長いお餅を5センチ
くらいに切り、辛いソースで煮込んだものです。
お餅は煮込んでも煮崩れない弾力のあるお餅で、歯ごたえがあって
美味しかったです。
1皿で2000ウォン(約260円)でお腹いっぱいになりました。
勇気を出して一人で屋台に入ってみて正解でした。

お腹がいっぱいになった後、時間になったので待ち合わせ場所へ
向かいました。

つづく





[2007/01/18 00:11] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国へ行ってきました7
お腹も一杯になったので、腹ごなしがてら地下鉄に乗らず
その辺をぶらぶら歩き回ることにしました。

韓国到着時に送迎してくれたガイドさんが、今イルミネーションの
イベントが開催されてることを教えてくれたので、
そちらの方に行ってみると、川に沿ってイルミネーションが
建てられ、皆が河原を歩きながら眺めていました。
イルミネーション3

神戸のルミナリエと少し似てますが、一重なのでちょっと違うかな。
川を開放すれば道路の混雑も少なくて済むし、いい方法だと思いました。
それに日本ほどすごい混雑でもないので、ゆっくり楽しめました。
他にも巻き貝のようなイルミネーションがあったり、
イルミネーション2

各企業が自社前を飾っている所もありました。
イルミネーション1

1時間ほど歩いて、寒くなってきたのでこの日はこれで帰りました。
[2007/01/17 12:59] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国へ行ってきました6
路地という路地を歩き回り、途中にあった沢山の屋台の誘惑を
振り切って、30分以上ウロウロした挙句、やっと友達が
立ち止まったのは、暗い路地にある地元のおっちゃんが
集う古い大衆食堂のような店でした。
店の前の窓からは厨房が見え、名前はわからないけど、
美味しそうなものが、ひっきりなしに作られていました。

引き戸を開けるとまず土間があり、真ん中に大きなストーブが
据えてありました。
かまどのような所もあり、大鍋で辛そうなスープがぐつぐつ
煮えてます。
土間には簡単なテーブルが2つと丸いすが並んでおり、
土間をぐるっと取り囲むように、座敷が並んでいました。
どの席も満員で、5・6人のおばちゃんたちが料理を運んで
あちらこちらを走り回っていました。

店に入ってみたものの、自分達が順番待ちをしているのか、
無視されているのかもわからず、走り回っているおばちゃんには
ぼんぼん突き飛ばされ、かなり居づらい雰囲気でした。
でも友達に「居心地が悪いので帰ろう。」と言っても、
「私達はお客やから大丈夫やろ。」の一言で一蹴されてしまいました…

15分ほど待った後(感覚的にはもっと長く感じましたが…)
空いた座敷に案内されました。
とりあえず無視されていたわけではないのがわかって
ほっとしたのですが、今度は注文の仕方がわかりません。
おばちゃんはもちろんベタベタの韓国人で、韓国語オンリーです。
困っていると見かねた隣の席のお客さんが、助け舟を出してくれて、
おすすめの料理名を教えてくれました。
その人もほとんど日本語はわからず、知ってる日本語の単語
「コンニチハ」とか「カワイー」とかの羅列だけでしたが、
結構会話が成り立ってました…

苦労してやっとありついた料理は、今までたべた韓国料理の中でも
1・2の美味しさでした!
韓国料理1
《辛いホルモンスープとチヂミ》
韓国料理2
《プルコギ(味付け肉の炒め物)》

プルコギやチヂミは私が今まで食べたものとはずいぶん違いましたが、
そんなことは関係なく、ほんとに美味しかった。

途中何度も帰りたくなりましたが、友達に従って正解でした。
アンテナ万歳!!
今度からはつべこべを言わず従います。
これはもう一つの才能だと思いました。

帰り際、店の若旦那のような人に片言の日本語で
日本のどこからきたのか聞かれました。聞けば友達が
名古屋に住んでいるそうです。
最初からこの若旦那に注文できればよかったのに…
まあ隣の席のお客さんとも話せたからいいけどね…

店の名前はさっぱりわかりませんが、
二人で31000ウォン(約4100円)でした。
やっぱり安いなあ。

ちなみに友達は方向などが適当なので、一度見つけた店に
もう一度辿り着くのはなかなか難しいそうです。
でも私は目印の銀行をしっかり覚えたので、今度ソウルに
来る事があれば、必ずあの店に行こうと今から決心しています(笑)

つづく
[2007/01/16 23:54] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国に行ってきました5
ソウルに帰ってくるとまだ4時半だったので、
少々疲れていたのですが、食事する店を探しに
仁寺洞(インサドン)へむかいました。

仁寺洞とは骨董品屋やギャラリーなどが集まったところで、
韓国の伝統的なお土産を置いているお土産屋さんや、
韓国料理のお店がたくさんあります。
現代アートの展示も多く、なかなか楽しめました。
展示
《なぜかたくさんの傘》

ひとしきりお店をのぞいた後、いい時間になったので、
友達が心当たりのある店に連れて行ってくれました。
ところが、その日は貸切か何かだったらしく断られてしまいました。
仕方なくまた友達のアンテナを頼りにうろうろ探し回ったのですが、
なかなかお眼鏡にかなう店が見つからず、堪りかねた私が
決めたお店に入ることになりました。

店構えはなかなか良く、地元の店のようだったのですが、
出されたメニューが日本語でした…
基本日本語が書いてある店は避けるというのが、私達二人の
暗黙の了解になっていて、結局その店では軽く食べて、
他の店を探すことになりました。

つづく
[2007/01/15 00:33] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国へ行ってきました4
2日目 この日は友達のリクエストで、ソウルから
特急電車で30分の水原(スウォン)へ行くことになりました。
水原には世界遺産に指定されている華城という城郭があります。

ホテルからソウル駅まで乗ったタクシーの運転手さんが
たまたま日本語のできる人で、私たちが水原へ行くと言うと
「韓国語ができないんだったら、2人じゃ絶対無理」と
言われてしまいました。
そんなことでめげる友達(と私?)ではないので、
早速窓口で指定席の切符を買い、改札口を探して少し迷いましたが、
無事目当ての電車に乗る事ができました。
切符
《切符3100ウォン(約410円)》

水原駅に着くと観光案内所を探して、華城への行き方を
聞きました。
日本語OKということだったのですが、案内係の日本語は
相当あやしく半分は韓国語でした…

案内所で教えてもらって、かなり運転の荒いバスに乗り、
何とか無事華城近くまで辿り着くと、まずは華城行宮へ
向かいました。
華城行宮とは昔の王様の住まいで(すみません、この程度の知識で…)
現在の建物は日本軍に破壊されたのを再建したものです。

日本の古い建物とは違い、派手な装飾がされていて
なかなか可愛い建物でした。チャングムの撮影もあったそうです。
ただ少し前に降った大雪が残って、足元がぬかるんでいたのには
閉口しました。
建物の装飾
《派手な装飾》

次に友人の本来の目的、城壁に向かいました。
この城壁は都を囲むように建てられ、全長5.52kmも
あるそうです。
急な階段を休み休み登り、城壁に辿り着きました。
私は全部歩くつもりはなかったのですが、どうも友達は
全部歩いてみたかったようで、結局全行程3時間を
歩くことにしました…

城壁は見晴らしもよく要所要所に見張り台や門があり、
東西南北で趣が変わるので、あまり飽きる事はありませんでした。
ただ最後の方はやはりだいぶ疲れてしまいました。
城壁
《長い長い城壁》
華虹門
《華虹門》
門の天井
《綺麗に装飾された天井》
結局お昼ご飯は私がコンビニで買った巻寿司のようなものだけで、
食べそびれてしまったので、ソウルに帰って早めに晩御飯を
食べる事にしました。

つづく










[2007/01/12 13:00] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国へ行ってきました3
二人ともありきたりなスターバックスなどに入る気は全然なく、
まったく土地勘のない場所なのに、少しでも良さそうな店を
探そうと彷徨い歩きました。
私は美味しい店を勘で見つけるのがへたくそで、よくハズレの店に
はいってしまいます。
でも友達は目に見えないアンテナが付いているらしく、なぜか
美味しい店を見つけるのがとても上手です。

今回も30分くらい彷徨った挙句、友達が覗き込んだ路地に
あった店に入ることになりました。
日本にもよくある英国風の喫茶店で、なぜかトトロのカップが
飾ってありました。
お茶とケーキ
確か焼肉でおなかいっぱいだったはずなのに、
やはりケーキの誘惑には勝てなかったです…
ケーキのほかに既製品のビスケットが付いていました。
これで一人9,000ウォン(約1200円)です。
ケーキは美味しいし、ゆっくりできるいい店でした。
日本にあったら通いたいなあ。

もうこれ以上何も入らないくらい食べてしまったので、
この日は大人しくホテルに帰りました。


[2007/01/11 13:08] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国に行ってきました2
仁川国際空港に着くと、迎えに来てくれたガイドさんと
車でソウルへ向かいました。
空港からソウルは車で約1時間です。
親切なガイドさんでしたが、道中色んなお店の宣伝を
聞かされたので、少し閉口しました。

ホテルに着いたら、早速晩ごはんを食べに出掛けました。
やっぱり韓国と言えば焼肉でしょう。
この日は現地に住む友達の知人おすすめの焼肉屋さんへ
行くことにしました。

地下鉄で新村駅まで出て、それからは友達のうろ覚えが頼りです。
10分ほど迷いましたが、無事着く事ができました。

観光客向けではないお店で、メニューはすべてハングルです。
気後れする私とは対照的に、友達は超が付くほど楽観的なので、
適当に席について、適当に注文してました…
店のおばちゃんもこちらが韓国語がさっぱりとわかると、
色々世話を焼いてくれました。
韓国の人は勢いがあるので、最初は腰が引けてしまうのですが、
慣れてくると、情が厚い人が多いのでとても居心地がいいです。

韓国のご飯屋さんでは大抵、席につくと同時にキムチやナムル、
スープといった前菜を持ってきてくれます。
日本では料金が掛かりますが、韓国では特に料金は掛からず、
しかも無くなったら、どんどん足してくれるので食べ放題なのが
嬉しいです。

焼肉!

《サムギョプサル(豚バラ肉)》

お肉は量が多く、味付もとても美味しかったです。
二人でおなかいっぱい食べて、JINROも一本空けたのに
27,000ウオン(約3,600円)でした。
会計もおばちゃんとの筆談で何とか済ますことができました。
やはり持つべきものは、海外旅行経験豊かな友でしょうか。
ただし楽天的過ぎるのが、小心者の私にはちょっと辛いですが…

この後、このままホテルに戻るのももったいないので、
おなかいっぱいにもだったのですが、腹ごなしも兼ねて
お茶する店を探すことにしました。

つづく

泊まったホテル
ソフィテル・アンバサダー・ソウル
街の中心から地下鉄で2駅くらい、日本語も通じるし
スタッフも親切でした。


[2007/01/10 12:57] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(1) |
韓国へ行ってきました。
1月4日から4日間、韓国ソウルへ行ってきました。
食いしん坊二人組の旅だったので、有名なエステにも
行かず、ただひたすら食べ歩く「食い倒れ旅行」に
なってしまいました…
行く前に比べてかなり太っているようですが、
怖くてまだ体重は量っていません。


1日目 何かと有名な大韓航空のお昼の便で、
関空からソウルへ向かいました。
色々噂を聞いていたので、どんな飛行機かと思っていた
のですが、乗務員も感じが良く、機内も快適でした。
そして何より約2時間しか乗らないのに、機内食が
出たのが嬉しかったです。

元々飛行機が大好きで、長時間乗るのも全然平気な上、
特に機内食というものに、何故か惹かれてしまいます。
少々味に疑問があっても、機内食ならOKです。

今回も握り寿司・巻寿司とハム、オレンジジュース、チョコ
というありえない組み合わせにも関わらず、しかも関空で昼ごはんを
しっかり食べていたはずなのに、嬉々として完食してしまいました。

これから現地で、名物を食べた方がいいはずなのに…
毎回同じ失敗をしているような気がします…

機内食について熱く語っているうちに長くなって
しまったので、ソウルについてはまた次回。
(気が付けば韓国について何も書いてないですね…)

つづく


[2007/01/10 00:41] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国へ行ってきます。
明日から会社をサボって、3泊4日のソウル旅行へ行ってきます。
お正月前後に旅行へ行くのは初めてですが、
なんとなく三が日も落ち着かなかったので、
正月は家でゆっくりしたい私には、あまり向いてないかも。
来年からはやめようかな。

とにかくグズグズ言ってても仕方ないので、
せっかくの旅行だし、楽しんでこようと思っています。


[2007/01/03 15:03] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
新年会
元旦の夜遅く自宅の電話が鳴ったので、
親戚に何かあったのかと、少し不安に思いつつ
電話を取ったところ、友達から新年会のお誘いでした。
どうやら携帯と間違えたようです。ちょっとびっくりしました。

というわけで、2日は早速新年会へ行ってきました。
友達がやってるお店を開けてもらって、
毎年やってるらしいのですが、私は初めて参加しました。
10人くらいで、最初は和やかに座って飲んでいたのですが、
段々プロレスあり腕相撲大会あり、酔いつぶれて寝る人ありで、
ぐだぐたな新年会になってしまいました…
まあ楽しいからいいんですけどね。
結局後片付けが終わったら夜中の2時ごろでした…

元々あんまり羽目を外したりできる性格じゃないので、
自分に出来ない事をやってくれる友達の中にいるのは
普段と違うことができて面白いです。
できれば来年もぜひ参加したいです。




[2007/01/03 14:54] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
今年の抱負
あけましておめでとうございます。
あっという間に年が明けてしまいました。
年末は忙しすぎて、更新サボってしまいました…

今年のお正月も寝正月です。
何も目新しい事はないですが、
一応おせちの田作りはマスターしました。

今年はどんな1年にしようかな。
何か新しい事に挑戦したいなあ。
それにもっと本を読もうと思っています。
このブログもちゃんと続けなくては…

そして何よりも楽しい年にしたいです。
[2007/01/01 23:57] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
プロフィール

よさく 

Author:よさく 
大阪在住・在勤OL
ものぐさ・出不精・食いしん坊。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。