ものぐさ日記
根っからの無精者。 ブログを始めたらちょっとはマシになるかなぁ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
水琴窟へ行ってきました2
伏見稲荷の大橋家苔涼庭には、何年か前に行った事があります。

京阪伏見稲荷駅から徒歩10分くらいで、駅前から続く参道を
伏見稲荷まで進み、直前で左へ折れた閑静な住宅街の中にあるので、
前に来た時は迷いました。

今回は迷わず辿り着けました。
個人宅にあるお庭なのですが、一般に公開されてます。
勝手に門をくぐり、中のインターホンを押すと、
当主の方がお家に上げてくださいます。
お庭を一望できるお部屋に案内してくださり、
まずは水琴窟の音を聞かせていただきました。

こちらのお庭には水琴窟が2つもあり、
軒先の大きいほうは竹筒を使って聞きます。
大橋家 水琴窟

水琴窟とは、元々手を洗った後の水が水溜りにならないように
作られた装置だそうです。どこからともなくいい音が
聞こえてくるように設計されているので、
竹筒を使って聞くのは本来の聞き方ではないそうです。

庭にある小さい方の水琴窟は竹筒を使わなくても、
足元からいい音が響いてきました。
大橋家 水琴窟 小

お庭には水琴窟以外にも、たくさんの石灯籠があり、
一つとして同じものはなく、その一つ一つについて、
丁寧に説明してくださいました。
時々すべての灯篭に火を入れることがあり、
電気よりろうそくの方が趣があっていいそうです。
私も一度その光景を見てみたいと思いました。

もうひとつ印象に残ったものは、前に来た時に
見方を教えてもらった龍安寺の手水鉢を模した下駄です。
揃えると円い形になり、中心の四角のまわりを時計回りに
読むと「吾、唯足るを知る」と読めます。
今回は同じものを書いた色紙も飾ってありました。
贅を尽くした庭とは、相反する言葉のように思えますが、
気さくにお庭の説明をしてくださるご当主を見ていると、
何だかお似合いの言葉のように思いました。

他にも蚊遣り亀(?)など、凝ったものがたくさんあって
いくらいても飽きないお家でした。
とても静かで居心地が良かったので、1時間ほど長居を
してしまいました。
窓から見た庭

帰りは伏見稲荷へお参りして、参道でおみくじ入り
味噌煎餅(630円)を買って帰りました。
おまけに貰った豆入り煎餅も美味しかったです。

伏見稲荷
《伏見稲荷の鳥居》

飛行機雲
《おまけ 帰りに見た×型飛行機雲》
スポンサーサイト
[2006/10/18 14:33] | お出かけ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<新しいモニター | ホーム | 水琴窟に行ってきました。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pokeyan.blog73.fc2.com/tb.php/63-6d734bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

よさく 

Author:よさく 
大阪在住・在勤OL
ものぐさ・出不精・食いしん坊。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。