ものぐさ日記
根っからの無精者。 ブログを始めたらちょっとはマシになるかなぁ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
岩手に行ってきました9
17:10発 花巻南温泉郷無料シャトルバスに乗って、
大沢温泉 山水閣 自炊部にむかいました。

大沢温泉は高級旅館の山水閣、菊水館と長期逗留用の
自炊部からなり、私達は一番安い自炊部に泊まりました。
自炊部は一応長期逗留用ですが、1泊でも利用できます。
建物はとても古い木造で、入り口を入ると帳場があり、
タイムスリップしたような旅館でした。
山水閣 自炊部
《曲橋から見た山水閣 自炊部》

一番安い宿泊客なので、適当に扱われると思っていたのですが、
荷物を運んでもらい、こちらが恐縮してしまうくらい丁寧に
館内の利用説明をしてくれました。
部屋は2人部屋にしては広く8畳くらいありましたが、
外の廊下とは襖のみでしきってあり、貴重品は置いておけません。
食事はもちろん自炊してもいいですし、食堂があるので
そちらで取ることも可能です。

私達はもちろん食堂「やはぎ」へ行きました。
豪華な定食から、お酒のおつまみの様なものまで、
色々なメニューがありました。
迷った挙句、無難に《日替定食 840円》にしました。
またもや写真を撮り忘れたのですが、値段に比べて
結構ボリュームのある定食でした。

食事の後は、温泉に行ってみることにしました。
自炊部の宿泊客は館内にある温泉の中で
「豊沢の湯」「大沢の湯」「南部の湯」「薬師の湯」の
4つの温泉に入ることができます。

「大沢の湯」はいちばん有名なのですが、何せ
混浴露天風呂で外から見えるところにあるので、
女性にはちょっと入りにくい温泉です。

とりあえず山水閣にある「豊沢の湯」に行きました。
ここは川に面した大窓を開け放った半露天のお風呂で、
高級旅館らしく気持ちのいい温泉でした。
ただ電灯に10センチくらいある大きな蛾が数匹とまって
いたのがちょっと苦手でした。

その後、売店でお決まりのコーヒー牛乳を買って
一息つきました。売店には色々なお土産はもちろん、
自炊用の食材や生活用品が売っていて、なかなか面白かったです。

その後、温泉にあまり興味のない友達を部屋に残し、
一人で他の温泉を探検する事にしました。「南部の湯」は
21時以降入れなかったので、明日にする事にして、
「薬師の湯」にいってみることにしました。

「薬師の湯」はこの旅館にある最古の温泉で、
古いタイル張りのお風呂でした。
湯船と洗い場が近すぎるのがちょっと気になりましたが、
人も少なく、ゆっくりするにはちょうど良かったです。

とりあえず2つの温泉を堪能したので、
この日はここまでで、また早く寝てしまいました。
大沢の湯
《勇気が無くて入れなかった大沢の湯》

スポンサーサイト
[2006/09/20 20:13] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<岩手に行ってきました10 | ホーム | 岩手へ行ってきました8>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://pokeyan.blog73.fc2.com/tb.php/72-71b01da6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

よさく 

Author:よさく 
大阪在住・在勤OL
ものぐさ・出不精・食いしん坊。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。