ものぐさ日記
根っからの無精者。 ブログを始めたらちょっとはマシになるかなぁ…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
韓国へ行ってきました10
ナンタを観終わって外に出ると、日が暮れてとても寒く
なっていました。
ちょうど夕飯時だったので、最後の夕食を食べに行く事にしました。
友達はまた店をゆっくり探したそうでしたが、私が疲れていたので、
最初に行った新村で簡単に決めてもらうことにしました。

新村に着くとガイドブックに載っていた焼肉屋さんがみつかったので
そこに決めたのですが、観光客はおらず注文に苦労しました。
でも一人、日本語を勉強しているアルバイトのお姉さんがいて、
その人と少し話せたので何とかなりました。
そんな人に出会うと自分もまた何か勉強を始めたくなりました。
あんまり続いたためしがないけど…

食事を済ませ外に出ると、友達がどうも酔ったらしいので、
近くのドーナツショップ(クリスピークリーム)で休むことにしました。
店内は満員で、キャンペーンなのか店員さんが出来たてドーナツを
配っていました。
わけもわからず貰って食べると、驚くほど美味しかったです。
ここ数年味が落ちた日本の有名店とは比べ物にならないくらいでした。

店の厨房はガラス張りになっていて、工場のようにどんどんドーナツが
出来ていく様子が見えて面白かったです。
どんどんお客が入るので、結局立ったまま抹茶オレ(3500ウォン 
約460円)を飲んで、友達をタクシーに放り込んでホテルへ帰りました。
最後にいい店にめぐり合えてよかったです。

つづく

[2007/01/22 23:09] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国へ行ってきました9
夕方友達と合流して、ナンタという韓国の有名な舞台を観にいきました。

このお芝居では、韓国の伝統的な打楽器演奏をアレンジして、
厨房を舞台に色々な調理器具を楽器代わりに使って演奏します。
一応ストーリーはありますが、最初に設定が字幕で出ますし、
ほとんどせりふが無いので、言葉がわからなくても、
充分楽しめるように工夫されています。

俳優さんたちのすごい技に見入っているうちに、あっという間に
時間が経ちました。
特に本当に切れる包丁を使って、野菜を切りながらの演奏は
迫力がありました。
友達は今回で見るのが3回目だそうですが、何回見ても楽しい
そうです。

今回はチケットの手配が遅かったので、2階席しか取れなかった
のですが、それほど大きな劇場でもないので十分でした。
今まで海外で舞台を観るなんて、やった事がなかったので、
貴重な経験が出来ました。
ちなみにチケットは2階席で1人36000ウォン(約4800円 10%割引有)
でした。
ナンタ劇場
《ナンタ劇場前》


[2007/01/20 01:57] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(1) |
韓国へ行ってきました8
次の日は朝から吹雪でした…
友達は汗蒸幕という有名な韓国のサウナに行きたいと
言ったのですが、前にも行ったことがあったのと、
サウナはあまり好きではないので、
その間一人で街をぶらぶらする事にしました。

夕方から合流して舞台を観にいくことにしたので
まずJCBプラザへ行って、チケットの予約をし、
ついでに土曜に両替の出来る所を聞きました。
両替所は百貨店の中のわかりにくい所にあるので、
JCBプラザのスタッフの人が親切にハングルで
「両替所はどこですか?」と書いて渡してくれました。

早速百貨店で店員さんにメモを見せると、これまた
親切にそこまで案内してくれました。
旅先での親切は身にしみて嬉しいですね。
自分も機会があったら、日本で親切にしようと思います。
(あんまり機会がないですが…)

百貨店で少し買い物をしたり、同じ建物の中にある免税店の
ヨン様巨大看板などを眺めたりした後、昨日行った仁寺洞を
もう一度見たくなったので、歩いていってみる事にしました。
雪が積もっていたので歩きにくかったのですが、
普段見られないだろう雪景色が見られてなかなか良かったです。
雪景色

仁寺洞をぶらぶらした後、昨日歩き回っている時に見かけた屋台で
どうしても食べてみたくなったトッポギを食べてみました。
屋台のおばちゃんに一人でちゃんと注文できるか、
ちょっと心配で躊躇しましたが、やってみたら案外簡単に
トッポギにありつけました。

残念ながら写真をとり忘れてしまったのですが、
どんな料理か説明すると、指くらいの太さの長いお餅を5センチ
くらいに切り、辛いソースで煮込んだものです。
お餅は煮込んでも煮崩れない弾力のあるお餅で、歯ごたえがあって
美味しかったです。
1皿で2000ウォン(約260円)でお腹いっぱいになりました。
勇気を出して一人で屋台に入ってみて正解でした。

お腹がいっぱいになった後、時間になったので待ち合わせ場所へ
向かいました。

つづく





[2007/01/18 00:11] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(2) |
韓国へ行ってきました7
お腹も一杯になったので、腹ごなしがてら地下鉄に乗らず
その辺をぶらぶら歩き回ることにしました。

韓国到着時に送迎してくれたガイドさんが、今イルミネーションの
イベントが開催されてることを教えてくれたので、
そちらの方に行ってみると、川に沿ってイルミネーションが
建てられ、皆が河原を歩きながら眺めていました。
イルミネーション3

神戸のルミナリエと少し似てますが、一重なのでちょっと違うかな。
川を開放すれば道路の混雑も少なくて済むし、いい方法だと思いました。
それに日本ほどすごい混雑でもないので、ゆっくり楽しめました。
他にも巻き貝のようなイルミネーションがあったり、
イルミネーション2

各企業が自社前を飾っている所もありました。
イルミネーション1

1時間ほど歩いて、寒くなってきたのでこの日はこれで帰りました。
[2007/01/17 12:59] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
韓国へ行ってきました6
路地という路地を歩き回り、途中にあった沢山の屋台の誘惑を
振り切って、30分以上ウロウロした挙句、やっと友達が
立ち止まったのは、暗い路地にある地元のおっちゃんが
集う古い大衆食堂のような店でした。
店の前の窓からは厨房が見え、名前はわからないけど、
美味しそうなものが、ひっきりなしに作られていました。

引き戸を開けるとまず土間があり、真ん中に大きなストーブが
据えてありました。
かまどのような所もあり、大鍋で辛そうなスープがぐつぐつ
煮えてます。
土間には簡単なテーブルが2つと丸いすが並んでおり、
土間をぐるっと取り囲むように、座敷が並んでいました。
どの席も満員で、5・6人のおばちゃんたちが料理を運んで
あちらこちらを走り回っていました。

店に入ってみたものの、自分達が順番待ちをしているのか、
無視されているのかもわからず、走り回っているおばちゃんには
ぼんぼん突き飛ばされ、かなり居づらい雰囲気でした。
でも友達に「居心地が悪いので帰ろう。」と言っても、
「私達はお客やから大丈夫やろ。」の一言で一蹴されてしまいました…

15分ほど待った後(感覚的にはもっと長く感じましたが…)
空いた座敷に案内されました。
とりあえず無視されていたわけではないのがわかって
ほっとしたのですが、今度は注文の仕方がわかりません。
おばちゃんはもちろんベタベタの韓国人で、韓国語オンリーです。
困っていると見かねた隣の席のお客さんが、助け舟を出してくれて、
おすすめの料理名を教えてくれました。
その人もほとんど日本語はわからず、知ってる日本語の単語
「コンニチハ」とか「カワイー」とかの羅列だけでしたが、
結構会話が成り立ってました…

苦労してやっとありついた料理は、今までたべた韓国料理の中でも
1・2の美味しさでした!
韓国料理1
《辛いホルモンスープとチヂミ》
韓国料理2
《プルコギ(味付け肉の炒め物)》

プルコギやチヂミは私が今まで食べたものとはずいぶん違いましたが、
そんなことは関係なく、ほんとに美味しかった。

途中何度も帰りたくなりましたが、友達に従って正解でした。
アンテナ万歳!!
今度からはつべこべを言わず従います。
これはもう一つの才能だと思いました。

帰り際、店の若旦那のような人に片言の日本語で
日本のどこからきたのか聞かれました。聞けば友達が
名古屋に住んでいるそうです。
最初からこの若旦那に注文できればよかったのに…
まあ隣の席のお客さんとも話せたからいいけどね…

店の名前はさっぱりわかりませんが、
二人で31000ウォン(約4100円)でした。
やっぱり安いなあ。

ちなみに友達は方向などが適当なので、一度見つけた店に
もう一度辿り着くのはなかなか難しいそうです。
でも私は目印の銀行をしっかり覚えたので、今度ソウルに
来る事があれば、必ずあの店に行こうと今から決心しています(笑)

つづく
[2007/01/16 23:54] | 旅行 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
プロフィール

よさく 

Author:よさく 
大阪在住・在勤OL
ものぐさ・出不精・食いしん坊。


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。